コロナウイルス対策実施中

交通事故の患者様は平日21時まで受付

足立区すずき整骨院はご予約優先制です!

口コミで毎月多数の患者様が来られています

足立区谷在家周辺の皆様のおかげで、谷在家駅周辺のエリアで口コミ1位になりました!

東京都足立区、すずき整骨院「自律神経失調症⑤」血流の役割

2020年05月19日

こんにちは。

東京都足立区、すずき整骨の院長の鈴木です。

今回は脳神経(自律神経)、筋・骨格、血流の三つの機能の一つ

「血流」について説明をしていきます。

血流とは、読んで字のごとく「血液の流れ」になります。

血液の流れは「心ポンプ」と「筋ポンプ」の力により循環されています。

また血液を流す「管」は血管と呼び動脈と静脈に分かれています。

動脈は心臓の強いポンプ力でも破裂しないよう「平滑筋」が分厚く発達しています。

※平滑筋は胃や腸を構成している筋肉でもあります。

静脈は全身の筋肉を動かす力、つまり筋肉の伸び縮みすることに良く全身からの血液を

心臓にゆっくりと戻していきます。特徴は「平滑筋」が薄く、

逆流防止の弁がついていることが特徴で、血管も筋肉で出来ているということです。

また、血管自体も自律神経の支配を受けています。

自律神経の働きが良いと筋肉は柔らかくもちもちしている弾力のある状態です。

腸で消化吸収されて栄養は血液に溶け込んで、肺から酸素を取り入れて

心臓の心ポンプの力で、動脈中を流れて全身に運ばれていき

そして37兆個もある細胞に届けているのです。

また、静脈を通して全身の細胞から栄養の残骸(疲労物質)を回収し、

筋ポンプの力で流されて、最終的に尿として排出され、

やがてまた心臓に戻りまた栄養たっぷりに血液を送り出します。

この血液の循環のシステムがスムーズに行われているとき、自律神経の働きや

ホルモンバランスもよく、睡眠もしっかりととることができるため

自己治癒力も良く働きます。

ところがストレスがかかり続けることで、自分ではきずかないうちに

筋肉が疲労を溜めはじめ自律神経の働きが乱れガチっと凝り固まってしまい

血管自体も固く細くなってしまい弾力性を失ってしまいます。

心臓のポンプ力が細かく激しく動き始めることと動脈が細くなってしまっているので

血液の流れが激しくなります。

静脈の方も細くなって固くなることと、筋肉は疲労をため硬く凝り固まってしまっているため

十分に伸び縮みすることができない為、

筋ポンプ機能がしっかりとした力を出すことができなくなります。

血液の循環が悪くなり、全身の細胞に溜まったゴミである疲労物質を回収することができず、

新鮮な血液も行き届きにくいためさらに疲労が溜まる悪循環が発生し自律神経は

さらに乱れていくのです。

つまり、血流が悪くなることで、体を家で例えるなら「ゴミ屋敷」のような状態になってしまうのです。

次回は「自律神経」の働きについてご説明していきます。

自律神経失調症の様々な不快症状でお悩みの方

足立区すずき整骨院にいつでもご相談ください!

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/jiritsushinkei/

 

 

 

 

 

 



施術の流れ |足立区すずき整骨院

  1. 問診

    足立区すずき整骨院の問診風景

    受付にて問診票をご記入ください。問診表の内容に沿って、お話を詳しくお伺いしていきます。
  2. 検査

    足立区すずき整骨院の可動域の検査風景

    現在のお体の状態を実際に検査していきます。
  3. 治療内容の説明

    足立区すずき整骨院のその日の治療内容を事前に説明します

    お体の状態と、痛みの原因、これから行う治療内容をご説明いたします。
  4. 治療

    足立区すずき整骨院の施術

    患者様の症状に合わせたオーダーメイド治療を行います。
  5. 今後の治療計画

    骨の模型を使っての、治療計画の説明

    今後の治療方針や通い方、ご自宅での過ごし方などをアドバイスさせていただきます。
  6. お会計「お大事に!」

    足立区すずき整骨院お会計

    本日の治療は終了です。お大事に!