コロナウイルス対策実施中

交通事故の患者様は平日21時まで受付

足立区すずき整骨院はご完全予約制です!

口コミで毎月多数の患者様が来られています

足立区谷在家周辺の皆様のおかげで、谷在家駅周辺のエリアで口コミ1位になりました!

スタッフブログ

東京都足立区、すずき整骨院「自律神経失調症⑦」交感神経と副交感神経の役割

2022年11月22日

こんにちは!

東京都足立区のすずき整骨院、院長の鈴木です!

今回は「自律神経失調症⑦」ということで交感神経と副交感神経の働きについて説明していきたいと思います。

交感神経は朝起きた時から昼にかけて働きます。

筋肉を緊張させ血管が収縮し血圧が上げ、脳を目覚めさせ胃腸の働きを低下させます。

活動的にさせる神経ですよね!

副交感神経は交感神経と正反対の働きをします。

夕方から夜に働く神経で、休んでいる時、リラックスしている時、夜寝る時に働く神経です。

役割は筋肉をリラックスさせ、血管を広がり血流がゆっくりと穏やかに流れて血圧を下げます。

この二つの神経が朝と夜でバランスよく働いている状態で睡眠の質が良いと健康な状態でいられます。

ところが、肉体的・精神的・感覚的ストレスがかかり続けることにより、筋肉に疲労が溜まりガッチっと硬くなると交感神経の働きが活発になり、副交感神経がのが働きにくくなり睡眠の質が低下します。

人間という動物は睡眠でしか体を元気にするシステムを持ってませんので、睡眠の時間や質が低下すれば疲労が溜まる悪循環から抜け出せなってしまいます。

毎日、仕事などで体を使えば筋肉に疲労が溜まり硬く凝り固まります。自律神経の交感神経の働きが強くなると、副交感神経が働きにくくなるので睡眠の質が低下し、疲労が溜まって硬くなった筋肉が次の日に持ち越しになります。疲労が溜まった筋肉をまた次の日に使うさらに疲労が溜まる、筋育は固くなる、交感神経の働き睡眠の質が低下し、また、次の日に疲労ぬけていない硬くコリ溜まった筋肉を使う・・・・・・・。

このような疲労が溜まる悪循環から抜け出せなくなることで自律神経の交感神経過緊張という状態になり、自律神経失調症という症状が出て生活の質が落ちてしまうのです。

では、次回はこの状態をどのように改善していくのかをお伝えさせて頂います!!

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/jiko/

 

 

患者様の声

2022年11月22日

数年前に、左膝を骨折してからもともと持っていたヘルニアが再発し、少ししてから両足がしびれ坐骨神経痛が出てしまい、立ってても、座っていてもつらい状態が続いていました。

ズ~っと長くかかっていた接骨院からこちらに変えてみて、正直あまり期待はしていませんでしたが、日常生活でのアドバイスと整体で、今では以前のような辛い症状は出なくなって良かったです。

ありがとうございます。

足立区 41才 女性 S.K

 

東京都足立区、すずき整骨院「自律神経失調症⑥」自律神経の働き

2022年10月20日

こんにちは!

東京足立区のすずき整骨院の院長の鈴木です。

今回は「自律神経失調症⑥」自律神経の働きをお伝えしたいと思います。

「自律神経て知ってますか?」

このように皆様にお聞きするとほとんどの方は、「知っています」と答えます。

その後に「では、どんな役割をしているか知っていますか?また、イメージできますか」

と聞くと「んー、わからないです」とお答えになることがほとんどです。

なので、細かい役割を説明するとわからなくなるので簡単に説明をさせていただきます。

まず、私たちの体は立った1つの脳(司令塔)と3つの神経(運動神経・感覚神経・自律神経)でしか体を動かしいていません。

※ホルモン系の話を加えると難しくなるのでここでは触れません。

脳は様々な情報を分析し体を動かす指令塔です。脳から「筋肉を動かせ」と言った情報を送っている神経を運動神経と言います。

感覚神経は脳に「体の感覚情報「熱い・寒い・痛い」又、視覚、聴覚、味覚」などの情報を脳に送って認識させています。

一番大事になってくるのは自律神経です。自律神経は読んで字のごとく「自分で律することのできない神経」つまり意識として動かすことができない神経で自動的に体を健康な状態にしてくれている神経です。

この神経には特徴があります。それは感覚神経やストレスに敏感に反応してしまうことです。

自律神経は交感神経と副交感神経があり、この2つの神経が朝と夜で交互に入れ替わって働いている状態が健康な状態です。

次回は交感神経、副交感神経についてお話していきます。

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/jiko/

むち打ち症

2021年12月10日

●むち打ち症(頸部捻挫)

むち打ち症(頸部捻挫)とは、自動車の追突事故や柔道、相撲、ラグビー、アメフトなどのスポーツ中に起こる事故が原因で、重い頭がふられムチのようにしなり、そのストレスにより起こりる首の骨(頸椎)や、関節同士をつないでいる靭帯、そして筋肉を痛めてしまうケガのことです。

・交通事故のケガの場合

自動車事故の場合は、追突された自動車に乗っていた人は衝突の衝撃で、頭はそる格好になり首は「く」の字型にしなります。次に反動で頭は前に振られ、首は反対方向に「く」の字とは反対方向にしなります。正面衝突の場合は、体、首、頭の動きが追突とは逆方向になります。重い頭を支える首がムリな形にしなり、頸椎の関節が損傷します。軽度の場合は、筋肉を傷める程度ですが、事故後数時間してから首を動かせなくなったり、動かすと痛んだりします。損傷が筋肉だけでなく、靭帯にいたった場合は事故直後からはっきりとした痛みが現れ、次第に強まりながら後頭部、肩、腕などの広がっていきます。強い痛みは数日で治まりますが、その後、全身の倦怠感や頭痛、吐き気などの症状が一ヶ月程度続くことがあります。また、靭帯が断裂してしまう重度な場合は、首や肩の痛みとともに頭痛やめまい、吐き気、視力障碍などの症状が現れ、回復までにかなり時間がかかります。

・むち打ち損傷の種類

1.頸部捻挫型

むち打ち損傷の約70%をしめているといわれています。首の関節の捻挫で、頸椎を支えている靭帯や筋肉が損傷を受けます。症状としては首の痛み、痛みで首が回せない(可動域制限)、頭痛などがあります。

2.神経根損傷型

首の関節の間から神経の根元が損傷を起こします。症状としては、首から腕にかけての痛みやシビレ知覚異常、脱力感などがあります。

3.脊髄損傷型

背骨の後ろにある中枢神経と言われる神経が損傷し起こります。症状は腕や足のシビレ、痛みなどです。

4.バレー・リュウ症候群

自律神経自体が損傷して起こります。症状としては、首や背中の痛み、全身の筋肉のコリ。重ダルイ違和感、首が動かせない、めまい、耳鳴り、目のかすみ、吐き気、頭痛、不眠、全身の倦怠感などがあります。

5.脊髄減圧症

脳と脊髄には、大きな膜(髄膜)に包まれておりその中には水(髄液)で満たされており、その圧力によって浮き輪のように浮いています。しかし、交通事故で膜が傷つき水が漏れてくると圧力が低下して浮き輪のように浮いていた脳が沈み正常に機能しなくなります。症状としては、起立性頭痛(立とうとすると頭痛が起こる)や背部痛、耳鳴り、視力低下、聴力低下、光過敏、悪心などがみられる。

このようないくつもの損傷が単体で出るのではなく、複雑に混ざって辛い症状としてあらわます。後遺症を残さない為にもしっかりと治療することが大切になります。

このような症状でお困りの方、いつでも当院にご相談ください!!

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/jiko/

交通事故の治療での整骨院の上手な通い方

2021年11月15日

●整骨院の上手な通い方

交通事故にあわれた場合、病院の整形外科の受診を進められます。

整形外科では、レントゲン、超音波、MRI、CTなどの画像での精密検査や湿布や内服薬、注射などでの処置があり大きなケガの場合は手術も行われます。レントゲンや超音波、MRI、CTは骨折や内臓損傷を写すとができても神経損傷や筋肉、靭帯の状態を確認することはできません。画像診断で問題が発見されなければ「異常なし」と診断され、湿布や痛み止めなどの緩和剤で経過を見るといったことも少なくありません。しかし神経や筋肉の損傷、骨の歪みが生じている状態がそのまま放置されてしまうと、治療期間が長期化したり、後遺症が残ってしまう可能性もあります。

整骨院はむち打ちをはじめとする筋肉や靭帯損傷(軟部組織損傷)などを専門に施術するところで、こういった施術は整骨院の方が得意の分野です。

では整骨院の上手な通い方をお伝えします。

1.交通事故治療で整骨院に通う場合は、まずはひどい内出血、内臓損傷、骨折などの大きなケガなどがないかを病院で診察していただき診断書をもらってください。保険会社は病院(整形外科)の診断書をもとに治療費を払うかどうかを決定していきます。

 

2.次に診断書をコピーしていただき保険会社の担当者に整骨院に通う旨をお伝えください。

ここでポイントになるのは「交通事故にあわれてケガをされた被害者」の方が、どこで治療を受けるかを選択できるということです。ただ、多くの方はご自身お体よりも、転院の手続きや保険会社ともめることに面倒や大変さを感じ、適切な治療を受けることをあきらめてしまっていることが多いのでしっかりとした治療ができるように対応していきましょう。もしわからないことがあればアドバイスさせていただきますので当院にお気軽にご相談ください。

3.保険会社の担当者から整骨院に連絡が入ります。

これで整骨院での通院が可能になります。治療費の自己負担金は0円です。(一回の通院で慰謝料4200円が支払われます。治療に関しては、一人一人の症状が違うためその方に合ったと治療を選択(オーダーメイド)していきます。内容としては物理療法(ハイボルト電気治療、超音波、ハイブリット電気治療、筋力強化運動等)、手技療法(筋膜ストレッチ、肩甲骨はがし、バランス整体、自律神経調整等)など、お体の状態にあったものから選択して治療をしていきます。

当院に通院するようになった場合、少なくとも月一回は整形外科に受診していただき診断した先生にお体の状態をお伝えしてください。また、通院していた医療機関で症状が改善されない場合は転院可能です。その場合は保険会社の担当者に症状が改善されない為、転院する旨をお伝えしてください。

治ったと思い込んで後遺症で最後まで治療しなかった方で後遺症に苦しむ方は大勢いらっしゃいます。ですので交通事故のケガはしっかりと治療しましょう!!

 

交通事故でお困りの方、いつでも当院にご相談ください!!

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/jiko/

整形外科からの転院と併院

2021年10月25日

●整形外科からの転院と併院

整骨院での治療費用は、平成13年金融庁・国土交通省により「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険金及び自動車損害賠償責任共済の共済金の支払い基準」で接骨院・整骨院の施術費用を認められています。

そこで、交通事故で被害にあわれたケガを治すには整骨院と整形外科を併院することが大事になります。

・整形外科と整骨院・接骨院の違い

1.整形外科とは

病院や整形外科ではレントゲンやCT、MRIなどの精密検査を用いてひどい内出血や、内臓損傷、骨折などの大きなケガなどないか診察して治療を受けることができます。むち打ち症や腰部捻挫のような靭帯や筋肉に起こる異常はそういった大型機器では発見されない為、湿布やお薬などの対処療法で治療されることが多く、再発しやすい状態になってしまうことが多くあります。

 

2.整骨院・接骨院

整骨院・接骨院はむち打ちをはじめとする筋肉や靭帯損傷(捻挫・打撲、挫傷などの軟部組織損傷)など専門に治療するところです。治療に関しては一人一人の症状が違うためその方向に合った施術を選択(オーダーメイド)で行います。治療内容としては物理療法(ハイボルト電気治療、超音波、ハイブリット電気治療等)、手技療法(筋筋膜ストレッチ、整体、身体バランスの改善、自律神経調整等)など、お体の状態にあったものから選択してオーダーメイドで治療を行います。

保険会社は病院(整形外科)の診断書をもとに治療費を支払うかどうかを決定していますので、まずは大きなケガがないか病院で診察をしていただき診断書をもらってください。当院に通院するようになった場合、少なくとも月一回は病院に通院していただき、診断していただいた先生にお体の状態をお伝えしてください。また、通院していただいた医療機関で症状が改善されない場合も通院可能です。その場合は保険会社の担当者に症状が改善されない為、転院する旨をお伝えください。

交通事故でお困りの方、いつでも当院にご相談ください!!

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/hospital/

交通事故治療の重要性

2021年10月19日

●交通事故治療の重要性

交通事故にあわれた場合、よくある症状として骨折・捻挫・すり傷、むち打ち等があります。骨折のような重症や、すり傷等の目に見えるおケガについてはすぐに医療機関に行って治療を受けられるかと思います。しかし、交通事故のおケガには目に見えるケガだけではなく、事故からしばらくたってから症状が出ることもあります。

・交通事故のストレスによる自律神経の乱れ

交通事故のケガの場合、通常の生活ではかかることのないストレスがかかるため、自律神経の乱れから様々なお体の不調が発生してきてしまいます。

自律神経は「自分で律する(コントロール)ことのできない神経」で自動的にお体の健康を維持する役割があります。特徴はストレスや感覚神経に敏感に反応し全身の筋肉や胃腸、血管などを硬くしたり柔らかくしたりしています。また呼吸や心臓や他の内臓などの働きを高めたり抑えたりしています。

1.交感神経の役割

眠っていた脳と体を起こします。運動している時やストレスを受けた時に良く働きます。交感神経が働くと、脳を興奮させ筋肉が緊張し、血管が細く収縮され心臓の鼓動が血圧が上がります。また、内臓の働きが抑えられホルモンの生産量が減ります。

2.副交感神経の役割

日中、活動的だった脳と体を休ませ寝かせます。また、休んでいる時、リラックスしている時のも良く働きます。筋肉を柔らかくさせ、血管を広げて血液の流れを穏やかにさせ血圧を下げます。内臓機能の働きは高まりホルモンの生産量が増え自己治癒力も上がります。この2つの神経が朝と夜に交互に働きながら健康なお体の状態を維持しています。

交通事故の場合、痛みや交通事故のショックで精神的ストレスや肉体的ストレスにより「交感神経過緊張」という状態になってしまい、常に筋肉が硬く凝り固まり体を支えることができず体が歪み、常に体に地震が起きている状態になります。そうなると筋肉に疲労が溜まり続ける悪循環が発生!!

首や背中などの痛み、凝りや体のダルさ、違和感、首が動かない、めまい、目のますみ、耳鳴り、吐き気、頭痛、不眠症、全身倦怠感などのつらい症状が出てきてしまうのです。このような症状に悩まされないようにするためにも、そして、後遺症を残さないようにするためにもしっかりと治療することが大切になります。

その中でも特にむち打ちは厄介です。むち打ちの症状はその場で出る場合もあれば後日、しばらくしてから頭痛や首の痛みなどの症状が現れることもあります。さらに恐ろしいことにむち打ち症などはそのまま放置おくと症状が固定され痛みや倦怠感が長期的に続いてしまいお体全体の不調にもつながってきてしまいます。そんな状態での生活は嫌ではないでしょうか?

交通事故にあったらどんな症状でも放置ぜず、かならず病院で診察や検査受けたあと、診断書をいただき整骨院でも治療をしましょう。後遺症を残さないようにするためにもできるだけはやく治療をすることが大切です。

交通事故でお困りの方、いつでも当院にご相談ください!!

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/jikotiryounohituyousei/

交通事故の保険について

2021年10月14日

●交通事故の保険について

1.保険には「生命保険」「傷害保険」があります。

「生命保険」は不慮のケガ、病気、死亡などによって収入が維持できなくなった時の補償です。交通事故の際は、火災や交通事故のケガの補償をする「損害保険会社」とのやり取りになります。被害者が加害者対して交通事故によって損害の賠償を請求することを「損害賠償」と言い、ここに大きく保険会社がかかわってきます。

加害者が被害者に支払う賠償金は自賠責保険から出て、足りない分は任意保険で支払うことになります。ここで、対応してくれるのが加害者側の任意保険会社です。

加害者の任意保険会社が自賠責保険の分も含めて治療費や慰謝料など支払ってくれます。

これを「任意一括払い対応」と言います。

2.自賠責保険とは

戦後から日本経済が急速に発展していき物資や人の移動や輸送に自動車が主役になっていき、自動車が急増するにつれて交通事故が社会問題になりました。

国はこの問題で被害者が最低な補償を受けられるようにと、自動車やバイクを運転する人すべてに自賠責保険の加入を義務付けました。つまり自賠責保険は被害者を救済するために作られた社会保障制度なのです。

自賠責で支払われる賠償金の最高限度額は1事故一名につき

・死亡の場合:3000万

・障害(ケガ)の場合は120万(1回の通院に対して慰謝料4200円・治療費0円)

・被害者の方に後遺症が残り「後遺障害認定」がされた場合は、等級に応じて75~4000万

補償に関しては、加害者が任意で入っている保険会社が治療費を含め損害補償の窓口になり対応する形になっています。

3.その他の損害保険

ご自身で加入されている任意保険の中に、人身傷害・搭乗者保険があれば損害保険金が支払われます。(保険の契約により違いがある為、加入している保険証を確認するか、加入している保険会社に確認してみてください。)また、生命保険の中に傷害保険がついている場合や、個人的に傷害保険をかけていたら適用されますので保険会社の担当者に確認してみてください。

せっかく払っている保険ですので掛け捨てにならないようにしましょう。

交通事故にあわれて相手に過失が1でもあれば被害者になりますので自賠責保険での治療を受けられるようになります。

お体が痛い中、被害にあわれた方が一番動かなければなりませんが後遺症を残さないようにするためにも、しっかりと対応していくことが大事になります。

 

交通事故でお困りの方、いつでも当院にご相談ください!!

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/jikohoken/

 

交通事故に遭ったら

2021年09月21日

交通事故のケガは年間70万件負傷者は83万人いると言われております。

あわなければいいことでありますが、もし交通事故に遭遇し加害者になった場合、どのような対応をしなければいけないかを知っておくことが特に重要になります。

ここでは、交通事故にあってしまったら何をどうすればいいのかを説明していきます。

 

1.交通事故の発生

まずは、お互いにケガがないか確認しましょう。状況によっては、要救護者を安全な場所に移す必要があります。

次に、事故現場から離れず110番しましょう。事実を正確に伝えることが大切です。また、その場で示談交渉の話し合いはしないようにしてください。その場で示談交渉してしまうと適切な補償が受けられなくなり後日、体に痛みが出たら全て自分で費用を支払うことになっていますのでご注意ください。

保険に加入している場合は、必ず被害者・加害者ともに保険会社への連絡を忘れずに行ってください。

その際、相手方の氏名、住所、電話番号はもちろん、任意保険に入っているか、入っていないかを確認を行ってください。任意保険に入っていた場合は、保険会社名、担当者名などの詳しい情報をメモしておきましょう。

 

2.病院での診察

事故にあったら必ず病院(整形外科・外科・総合病院など)の診断を受けてください。

特に大事になるのは、当日交通事故にあってしまい体の状態がたいしたことがなくても、後日後遺症が出てくる可能性があります。必ず受診しておきましょう。

 

3.診断書の発行

診断書を発行してもらい、警察に届け出ます。

物損事故から人身事故の取り扱いになり、当院における自賠責保険での治療費補助を受けていただく事が可能です。ただ、ここ最近は物損事故の扱いで治療費の補助を受けてることができることもあります。保険会社の方と良く相談してください。

 

4.通院していただく

加害者側の保険会社の担当者様に当院に通院したいこと、又は通院したことを伝えてください。

よく、病院以外では交通事故の治療が受けられないと思い込まれているケースが多くありますが、そのようなことはありません。病院との併用通院、転院は可能です。

ここで大事になるのは、交通事故にあわれた患者様が治療を選択する権利があるということです。

すずき整骨院は厚生労働省に認可の施術院であります。また、交通事故の施術に特化した「むち打ち施術プログラム」がありますので安心して施術を受けていただく事が可能です。

交通事故でお困りの方、いつでも当院にご相談ください!!

〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡:03-3857-1556
ホームページURL:https://suzuoc.com/jikoniattara/

 


1 2 3 4 5 11

足立区の皆様へ

2人出産後不眠や肩こりなど体調不良が続いていましたが忙しや子供を見ててくれる人がいないためなかなか行く機会がありませんでした。
そんな矢先たまたま首の寝違えが頻回に起こり日常生活に支障をきたした為検索したところすずき整骨院の口コミが良く子連れでも良いとの事で電話予約しました。

問診をして施術時間は数分くらいでしたが寝違えがよくなりました。さらに産後の体力低下や不眠だったことから自律神経の乱れを指摘されましたが一回の施術で夜ぐっすり寝れるようになり朝起きたときスッキリしていて体調の改善がすぐ分かりました! 産後6ヶ月で骨盤のズレも指摘されたのでそのまま6回コースの骨盤矯正してもらいました。

最初はグラグラだった体も回数を重ねるごとに力強い体になっていくのがわかりました。 1回目は痛かったのですが回数を重ねるごとに痛みもなくなり体の調子がどんどん良くなっていくのが自分でもびっくりするくらい目に見えてわかるようになりました。

身体的に楽になり夜ぐっすり眠れるようになった事で精神的にも楽に毎日楽しく過ごせるようになりました。自律神経の乱れを治してもらえて本当に通ってよかったです。

先生も話しやすく体の相談にも乗ってくれ一つ一つ丁寧に説明してくれます。

また子供2人連れて行っても事務の方が見ていてくれるので本当に助かりました! 6回終わりましたが次は月一で定期的にメンテナンスしていこうと思います。

もっと見る

腰痛が改善されました!

長年の腰痛と昨年ヘルニアを患い、近くで良いところがあればと思い、こちらの整骨院がヒットしました。

先生はとても明るくて、治療方針、栄養指導、施術など一つひとつ丁寧に説明してくださいました。 おかげさまで長年悩まされた腰痛から解放されて元気になりました。

院内も清潔で受付の方も先生もとても感じが良かったです。 また体の不調が出てきた時には迷わずお世話になりたいと思います。

ありがとうございました

もっと見る

昨年から坐骨神経痛で整形外科に通っていましたが内服薬と牽引のみで、徐々に楽にはなってきましたが長引くばかりでした。

今回、思い切って根本から治療をと、こちらにお世話になりました。先生の原因箇所の究明とカウンセリングを元にした施術で回を追う毎に痛みが消え座っていて、あれほど痛かったのが見事に消えました。

今後も御指導の元に食事や運動などにも気を付けて再発しない様に注意しながら生活していくつもりです。本当にありがとうございました。

もっと見る

Google口コミ

施術の流れ |足立区すずき整骨院

  1. 問診

    足立区すずき整骨院の問診風景

    受付にて問診票をご記入ください。問診表の内容に沿って、お話を詳しくお伺いしていきます。
  2. 検査

    足立区すずき整骨院の可動域の検査風景

    現在のお体の状態を実際に検査していきます。
  3. 治療内容の説明

    足立区すずき整骨院のその日の治療内容を事前に説明します

    お体の状態と、痛みの原因、これから行う治療内容をご説明いたします。
  4. 治療

    足立区すずき整骨院の施術

    患者様の症状に合わせたオーダーメイド治療を行います。
  5. 今後の治療計画

    骨の模型を使っての、治療計画の説明

    今後の治療方針や通い方、ご自宅での過ごし方などをアドバイスさせていただきます。
  6. お会計「お大事に!」

    足立区すずき整骨院お会計

    本日の治療は終了です。お大事に!