スタッフブログ

東京都足立区、すずき整骨院「起立性調節障害」③

2019年05月20日

こんにちは。

東京都足立区にある、すずき整骨院の鈴木と言います。

今回は「起立性調節障害」③ということでお話を進めていきたいと思います

前回は自律神経のことをご説明していきました。

ではストレスがかかり続けることでどのようなことが体に起こってくるのでしょうか?

ストレスがかかり続けることにより脳・神経機能である自律神経のバランスが乱れ

さらに筋・骨格と血流の機能が低下することでお互いが悪影響を及ぼす循環が起こり

ます。

その結果、骨盤のズレ又は骨格の歪みが発生し様々な不快症状の出やすい状態になります。

特にストレスを受けると自律神経系の交感神経の働きが強くなります。

特に筋肉や血管がガチっと固くなり疲労を溜めやすいモードに切り替わります。

すると血液を循環させる筋ポンプ機能が低下し、脳、神経機能に十分に栄養がいかず

自律神経の働きがさらに低下し乱れていきます。

日常性加圧で硬くなった筋肉をさらに使いますので疲労が溜まりさらに筋肉が固くなります。

硬くなった筋肉は骨格を十分に支えることができなくなり

骨格の歪み、骨盤のヅレなどが発生しまバランスの悪い不安定で力弱い体になってしまい

いつも体が揺らされて地震が起きている状態になりますので重力に対して真っすぐになろうとする姿勢反射システム沢山働いてしまい筋肉がさらに疲労を溜め込む循環になってしまします。

こうなると「起立性調節障害」で起こる様々なお体の不調が発生してしまうのです。

例えば、

・立ち眩み

交感神経過緊張状態で脳にしっかりと血液の栄養が届きませんので体のバランスを感知ししている三半規管の働きが低下し脳機能が低下して起こります。

・気分不良

いつも疲れている感じがし気分が悪くなります。交感神経過緊張状態で胃腸の働きが低下し、消化と吸収の効率が悪くなるのと、筋肉が固くなって筋ポンプ機能が低下し血液の循環が悪くなるため、栄養と老廃物の回収作業が回らず疲労が溜まり抜けずらくなるために起こります。

その他にも失神・頭痛・腹痛・動悸息切れ・朝起きられない、夜寝られないなどの睡眠障害・貧血・食欲不振・顔色が悪い等の不快症状が出てきます。

他の症状のことは次回に説明したいと思います。

起立性調節障害でお悩みの方!

いつでも東京足立区にあるすずき整骨院にいつでもご連絡ください。

〒123-0863

東京都足立区谷在家3-22-5-102

℡03-3857-1556

URL:http://suzuoc.com/

 

 

 

 

 

東京都足立区、すずき整骨院「起立性調節障害」②

2019年04月8日

こんにちは。

東京都足立区にある、すずき整骨院の鈴木と言います。

今回は「起立性調節障害」②になり、この病気の原因である自律神経の働きについて

ご説明していきたいと思います。

自律神経とは「自分では律することのできない神経」で自動的に体のあらゆる器官(筋・血管・内臓等)状態を健康な状態に維持しています。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つ神経によって成り立っています。

この図のような感じです。

では交感神経と副交感神経がどのような働きをしているのか具体的に見ていきましょう。

・交感神経

交感神経は朝からお昼にかけて良く働く神経で、朝起きる時、運動している時、ストレスを受けた時にもよく働きます。

役割としては、全身の筋肉を緊張させ、血管を収縮。血液が激しく流れ血圧が上がるります。

また、内臓機能を低下させます。

・副交感神経

副交感神経は夕方から夜にかけて良く働きます。

また、寝ている時、リラックスしている時、休息している時に良く働きます。

筋肉をリラックスさせ、血管を弛緩し拡張。血液を穏やかに流し血圧を下げます。

また、内臓機能の働きを良くします。

この交感神経と副交感神経がお互いに働くバランスの良いときに健康は維持されているのです。

ところが、ストレスがかかり続けてしまうとこの自律神経の働きが乱れてしまい

交感神経優位の状態が続いてお体に不調が発生し「起立性調節障害」が発症してしまいます。

※骨格筋質の遺伝(両親が慢性的な肩こり・腰痛がある。)水分不足、過去の病気やケガの後遺症、外反母趾、栄養の偏った食事、運動不足(特に素足での運動)などがあるとストレスを受けやすい体内環境を作ってしまいます。

これは当院のWBTバランスメソッドお体が健康の状態の時の働きを図にしたものです。

お体健康な状態の時、脳・神経機能の「心と体を元気にするシステム」特に自律神経の働きがよく、身体機能の(筋肉、骨格・血流)の働きが良い状態で、各機能の働きがよくお互いが良い影響しあう好循環が起こり健康は維持されています。

この時、体のバランスがよく「バランスの良い真直ぐで力強い体」でストレスにも強い体です。(骨盤が整っている状態でもあります。)

ところが、ここにストレスがかかり続けていくとどうなるのか?

それは次回にしましょう♪

起立性調節障害でお困りの方!
いつでも東京都足立区にあるすずき整骨院にいつでもご相談ください。
東京都足立区谷在家–3-22-5-102
℡03-3857-1556
URL:http://suzuoc.com/

 

 

 

 

 

東京都足立区、すずき整骨院「起立性調節障害」①

2019年03月25日

 

皆様、こんにちは。

東京都足立区にある、すずき整骨院の院長の鈴木と言います。

今回は「起立性調節障害」についてどのようなものなのか?

どうしたら良くなっていくのかを説明していきたいと思います。

まずこの起立性調節障害とはどのようなものなのでしょうか?

発症年齢は10~16歳の男性よりも女性に多く、俗に「怠け者病」とも言われていました。

昔は体のことも良く分かっていなかったのでこのような呼ばれ方をしていたと思います。

この起立性調節障害を理解するためには簡単な体の仕組みを知る必要があります。

まずは、人の体を健康にコントロールしているのは脳・神経になります。

脳は様々な情報を分析判断し体の筋を適切に動かし骨格を支え全身の血液の

流れや内臓、心臓などをコントロールしています。

脳に情報を送ったり脳からの指令を体中に送ったりする導線は神経になります。

神経は運動神経・感覚神経・自律神経の3つしか存在していません。

運動神経は脳から指令を筋に送って動かします。

感覚神経は目・耳・舌・肌から感じる痛み、暑い寒いなどの

全身の感覚情報を脳に送っています。

そしてもう一つ重要な神経が自律神経になります。

自律神経は自分で律することができない神経で、自動的に働いています。

特徴は筋の緊張状態や心臓の動きや血液の流れを、内臓機能の働きや

朝自動的に体を起こしたり夜寝かせつけたりと自動的にコントロールしています。

もう一つ重要なのは感覚神経とのつながりが強くできています。

また、自律神経は2つに分けることができます。

交感神経と副交感神経の2つになります。

交感神経の働きは朝から昼にかけて良く働きます。

筋肉をやや緊張状態にして力を出しやすくし血管を収縮させ血流をうながし、

内臓機能をやや低下させます。

また、ストレスを感じた時に敏感に反応します。

副交感神経は夕方から夜にかけて良く働きます。

また、リラックスしたり休んでいる時に働きが良いです。

ざっくりとした説明はここまでです。

次回は起立性調節障害を引き起こす自律神経についてもう少し

‐–詳ししくご説明をしていきたいと思います。

起立性調節障害でお困りの方!

いつでも東京都足立区にあるすずき整骨院にいつでもご相談ください。

東京都足立区谷在家–3-22-5-102

℡03-3857-1556

URL:http://suzuoc.com/

 

 

 

 

 

 



施術の流れ |足立区すずき整骨院

  1. 問診

    足立区すずき整骨院の問診風景

    受付にて問診票をご記入ください。問診表の内容に沿って、お話を詳しくお伺いしていきます。
  2. 検査

    足立区すずき整骨院の可動域の検査風景

    現在のお体の状態を実際に検査していきます。
  3. 治療内容の説明

    足立区すずき整骨院のその日の治療内容を事前に説明します

    お体の状態と、痛みの原因、これから行う治療内容をご説明いたします。
  4. 治療

    足立区すずき整骨院の施術

    患者様の症状に合わせたオーダーメイド治療を行います。
  5. 今後の治療計画

    骨の模型を使っての、治療計画の説明

    今後の治療方針や通い方、ご自宅での過ごし方などをアドバイスさせていただきます。
  6. お会計「お大事に!」

    足立区すずき整骨院お会計

    本日の治療は終了です。お大事に!