スタッフブログ

東京都足立区にあるすずき整骨院で「肩こり」を骨盤矯正で根本改善⑤!

2017年11月8日

こんにちは。東京足立区にあるすずき整骨院の院長の鈴木智之です。

前回は「味覚」「嗅覚」でも過度なストレスがかかると筋肉が疲労しやすくなることをお話ししました。

今回は「触圧覚」これはものに触れたり触ったりする感覚と、「空間認知感覚」についてです。

これも肩こりに関係あるのか?と思われるかもしれませんが、ズバリ関係あります。

では詳しく説明をした行きたいと思います。

「触圧覚」は皮膚にたくさんある体を守るための感覚器です。例えばマッサージなど受けるた時にある程度の刺激なら脳に気持ちいい刺激として送られますが、強すぎれば痛みや違和感になります。これが触圧覚のストレスです。皆さんも何か体に例えばパンツがきつい、ズボンがきつい、服がきついなどを感じることがあります。とても気持ちいいとはおもわないでしょ?長く着たり履いたりしようと思いますか?これが触圧覚のストレス=負担なんです。

次に聞きなれない「空間認知感覚」です。これは「温冷覚」「触圧覚」「視覚」などともかなり密接につなっがている感覚で今自分がどの位の部屋の広さや場所にいるのか。また、人との距離や物との距離を感じ取る感覚です。例えば電車の中での人との距離や、バス・タクシーなどの空間の広さです。山や海などの見晴らしがいいところに行くと圧迫感がなく開放的な感覚がないでしょうか?また、狭く暗い部屋は息苦しく感じないでしょうか?他人との距離がちかいと弥な感じはしないでしょうか?これが空間認知感覚のストレスなのです。

では例としてデスクワークをしている方にかかり続けるストレスを詳しく見ていくと次のようになります。

・イスに長時間座る→肉体的ストレス(腰には立っている時の2倍の負担)

・頭が体より前に出て猫背→肉体的ストレス(頭は5キロぐらいの重さがあります。猫背になることで3倍に15キロが首や肩にかかり続けます。)

・パソコン作業→視覚ストレス(光った画面を見続ける。)

・狭い空間での長時間労働→空間認知感覚ストレス

・仕事でのプレッシャー→精神的ストレス

・長時間動かない→体力低下によりストレスがかかりやすい体に!

・人やパソコンが密集する場所での長時間労働→酸素濃度低下によるエネルギー生産性の低下

ここで上げたストレスがかかり続けることによりあのしつこい肩こりが起きてしまうのです!

そして、脳機能と身体機能が低下しさらなる負の肩こりスパイラルに陥ってしまうのです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

その話は次回にいたしましょう!

しつこい首の痛みと肩こりでお悩みの方へ!

東京都足立区谷在家3-22-5-102

TEL03-3857-1556

すずき整骨院までお電話を!

 

 

足立区にあるすずき整骨院では「肩こり」を骨盤矯正で根本改善!④

2017年10月30日

こんにちは。東京都足立区にあるすずき整骨院の院長の鈴木智之と言います。

前々回から少しづつ「骨盤のズレ」を発生させる「ストレス」について説明させていただいています。

ストレスは大きく分けて3つにわけることができます。

1.精神的ストレス 2.肉体的ストレス 3.感覚的ストレスです。

ストレスは適度にあると体を元気で力強い状態にしてくれますが、過度にかかり続けてしますと脳機能の「心と体を前向きで力強く動かすシステム」と身体機能「筋肉・骨格(骨盤)・血流」が低下し、体のあらゆる不調の原因になります。

では今回は3.感覚的ストレスの嗅覚・味覚・触圧覚について説明していきます。

1.味覚のストレスについて。

味覚は甘味・酸味・塩味・苦味・うま味の5つの基本味を感じ取り情報として脳に送ります。脳は受け取った情報を元に美味しいのか?まずいのか?と自動的に判断して認識しています。

では、味覚にとって過度のストレスとは何か?

これは、「まずい」「甘すぎる」「酸っぱすぎる」「塩辛すぎる」「苦すぎる」などの味覚の5つの基本味が刺激されすぎることです。特に「まずい」と感じる味覚情報がもっとも強いストレスになります。

2.嗅覚のストレスについて。

嗅覚とはいわゆる「におい」や「香り」を感じ取る感覚です。味覚と同じように基本臭が7つあるとされています。しょうのう臭・刺激臭・エーテル臭・花臭・ハッカ臭・じゃこう臭・腐敗臭になります。

嗅覚(鼻)はこれらのにおいが強すぎる、つまり「臭い」と感じることがと必要異常ストレスになります。

味覚や嗅覚は密接に関係しており2つの情報を脳が合わせて処理し私たちが感じる「風味」つまり味や香りを感じることができます。

では、なぜこのことが肩こりや骨盤ヅレとどう関係があるの?ということですが臭い、まずいと感じるストレスは脳が感じ取り筋肉へ全て返しています。これらのストレスを感じると筋肉が収縮し疲労をためます。すると全身の筋肉がギュと固くなり、骨盤のヅレつまり骨格を支える力が弱くなり、血流も低下。血液が全身に回りづらくなるため新陳代謝能力が低下。疲れがたまる悪循環に陥ります。

例えば、人が多くいる場所で換気が悪く空気が悪い狭い空間で長時間の事務作業やPC作業をする。そして気分転換にコーヒーやお茶などを多飲することで利尿作用で体から水分が出ていき血液がドロドロします。姿勢的なストレス以外のストレスがかかっていることになります。このことから嗅覚や味覚なども肩こりの原因になるということになります。

このことを改善させるためにはまず「水」つまり純粋な水分を取りましょう!外の空気をなるべく時間があるときにすいましょう!なぜなら人間も動物です。動物園にいる動物又はサバンナにいる動物たちがお茶やコーヒーを飲んでいるでしょうか?水を飲んで元気に朝から動いているのではないでしょうか?また、動物たちは狭い空間にズーッといるでしょうか?

まづは簡単に水分補給で肩こりを改善させる準備をしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

足立区にあるすずき整骨院では「肩こり」を骨盤矯正で根本改善!!③

2017年10月19日

こんいちは。すずき整骨院の院長の鈴木です。

今回は前回の続きでしつこい肩こりどうして起こるのか?当院独自の治療理論「WBTメソッド(ウッドボディセラピー)」で「ストレス」と「骨盤のズレ」に焦点をしぼり説明していきます。

人は毎日健康で元気に活動するためのシステムを持っています。

※今回はここは簡単に説明しますので詳しいい解説は「足立区のすずき整骨院では肩こりを骨盤矯正で根本改善!!②」をお読みになってください。

その機能は脳機能「心と体を前向きで力強く動かすシステム」と身体機能「筋肉・骨格・血流」になります。

この機能が十分に働いている時、毎日健康で元気動くことができるのです。

しかし、この機能を低下させるある原因があります。それは・・・・・「ストレス」です。

ストレスは大きく三つに分けることができます。

1.精神的ストレス 2.肉体的ストレス 3.感覚的ストレスです。

前回は1.精神的ストレスと2.肉体的ストレスについて説明しましたので今回は

3.感覚的ストレスについて説明していきます。

感覚的ストレスとは視覚(目)、聴覚(耳)、嗅覚(鼻)、味覚(舌)、触圧覚(皮膚)、

冷温覚(皮膚)、痛覚(皮膚)、空間認知感覚などで、これらすべてを感覚器と言います。

この感覚器が感じるストレス(負担)が感覚的ストレスです。

では、具体的にどのようなものが感覚器のストレスになるかが重要になります。

視覚(目)の場合は強い光です。例えば太陽の光ですが皆様ズーッと見ていられますか?とてもまぶしくて見ていることができないはずです。もし、我慢してみていれば失明の危険もあります。

テレビ・スマートフォン・パソコンの画面を長時間見ているとどうなるか?肩がはり目がかすんだりドライアイになったりしませんか?これらは目が光を画像として処理するめにエネルギーを多く消費することが負担(過度なストレス)がかかったため起こります。

聴覚では、大きな音例えば騒音や雑音などはストレスになります。

例えば最近の若い世代で音楽を大音量で聞く人に難聴が多発しています。これは携帯音楽プレーヤーやイヤホンの性能が上がり耳に入る雑音を98%かットすることができるため耳にかかる負担が増えたためだと考えられます。有名歌手が「突発性難聴」になるのも大きな音を聞きすぎていることが一つの原因ではないかと考えられます。

この感覚器にかかるストレスがどのように「骨盤のズレ」とつながるのか?と思う人もいると思いますがそこまで説明するのにもう少し時間がかかりますのでご了承ください。

次回は、嗅覚、味覚、触圧覚のストレスについて説明していきます。

どうぞ、次回もよろしくお願いいたします。

肩こりでお悩みの方へ!いつでもご相談ください!!

top

 

 

 

 

 

足立区にあるすずき整骨院では「肩こり」を骨盤矯正で根本改善♪②

2017年10月14日

今回はすずき整骨院しつこい「肩こり」がどのように起こっていくのかを「骨盤のズレ」・「ストレス」に焦点をしぼり、すずき整骨院の治療理論「WBT整体メソッド」を使いご説明をしていきたいと思います。

それではまず、人は健康で元気に活動するための機能(システム)を持っています。

この機能を大きく2つに分けると、脳機能と身体機能になります。

脳機能とは「心と体を力強く前向きに動かすシステム」で、身体機能とは「筋肉・骨格・血流」の3つを合わせたものです。

具体的に説明すると、健康で元気なときは身体機能の筋肉は柔らかく力強い状態で骨格(骨盤)を安定させています。また筋肉が柔らかいことで血管もほど良く広がり全身の筋肉や神経の細胞の栄養供給と老廃物排出が良好に行われており、脳機能の「心と体を前向きで力強く動かすシステム」が良く働き質の良い睡眠がとれている。

この2つの機能が密接に連動してよく働くことで健康な体を維持しています。

しかし、日々の生活で必要以上にかかるストレスが引き金となって脳機能と身体機能の低下が起きてきます。

ストレスは大きく分けると以下の3つに分類できます。

1.精神的ストレス 2.肉体的ストレス 3.感覚的ストレスです。

ストレスはイメージ的に悪いと感じる方がいますが、ほど良くあるストレスは健康を維持するのに必要不可欠でが、問題になるのは必要以上に過度にかかり続けるストレスです。

言い方を変えると「負担」になります。

では、この3つのストレスを具体的に説明していきます。

まずは精神的ストレスとは何か?

これは「仕事のプレッシャー」「人間関係」「いやだと感じること」「自分自身を責める」「人から悪口や嫌がらせを受けたり」「相手を馬鹿にしたり暴言を吐いたり」と言った心や精神が感じる負担です。

ちなみに「相手を馬鹿にしたり暴言を吐いたり」といったことをすると言われた相手もストレスを感じますが、自分自身の心や精神にもかなりストレスがかかります。

次に肉体的ストレスです。

これは「座る時間が長い」「立っている時間が長い」「体を動かす時間が長い」「重い荷物を良く持つ」「スポーツで動きすぎ」といった具合で筋肉に負担がかかり続けることです。

最後に感覚的ストレスです。

これはなかなか一般の人たちがわかりづらいことですが重要なことです。

人間には感覚器というものが存在しています。これは何かと言いますと、視覚(目)・聴覚(耳)・味覚(舌)・嗅覚(鼻)・触圧覚(皮膚)・冷温覚(皮膚)・空間認知感覚などです。

 

感覚的ストレスは肩こりの発生の重要なものになります。今回の記事では書ききれませんでしたので次回に詳しく説明したいと思います。

では、また次回をお楽しみに♪

top

 

 

足立区にある、すずき整骨院では肩こりを骨盤矯正で根本改善

2017年09月26日

こんにちは。足立区のすずき整骨院の院長の鈴木と言います。

今日はすずき整骨院における「肩こり」の原因についてお話していきます。

すずき整骨院では肩こりのある方は脳機能(心と体を前向きで力強く体を動かすシステム)と身体機能(筋肉・骨格・血流)が低下して起こります。

その具体的な原因は何か?なのかをお話ししていければと思います。

肩こりは男女共に多くの人のお悩みになっております。

原因としては親からの骨格の遺伝(猫背体質・筋質・外反母趾)・骨盤のズレ・運動不足・栄養不足・生活環境と労働環境によるストレス・睡眠不足・精神的ストレス・感覚的ストレス・肉体的ストレスなどがあります。

では、これらを具体的に見ていきます。

まずは骨格の遺伝です。

これは、父親・母親に肩こりがあると子供に遺伝する事があります。

猫背体質がある場合はその骨格が子供に遺伝子し肩こりになりやすくなり、

筋質(筋肉の質)が固ければ骨格を支えるための力が弱いため肩こりになりやすくなります(体の柔軟性がなく、体が固い)。

次に、外反母趾ですが足の骨の構造が外反母趾の形として子に遺伝します。

外反母趾のない人との足と比べると、外反母趾になってしまった足は体を支える力が弱く、体全体を安定する力ないため体の揺れが大きくでてしまい、その揺れを制御しようと無意識に筋肉が使われてしまうため筋肉が疲労しガッチと固まり骨格や骨盤のズレがでて血流が悪くなり疲労が溜まる悪循環が起おこります。

これをビルで例えるなら、地震が起きてビルが揺れるとの頭の部分後左右に大きく揺れます。

肩こりのある人の場合、頭が必要以上に揺れやすため首・肩回りの筋肉が特に無意識に働くこ筋肉がガッチと固まりコリが発生。これが肩こりにつながります。

簡単にまとめると「外反母趾→体を支える力が弱い(安定性が悪い)→無意識に筋肉が疲労しやすい→骨格・骨盤のヅレが発生→体が必要以上に揺れる→一番ストレスのかかる首・肩・背中が凝る→ひどい肩こりの発生」という順になります。

また、余談ですが特に若い世代小学生から肩こりがある子がいます。今は昔と違い、手軽に遊べる携帯用ゲームやスマートフォンの爆発的な普及により明るく光るテレビ画面と向き合い不格好な姿勢でそれらで遊んでいる光景を公園でも、近くの児童館でも、マックでも、レストランでもあまりにもよく見かけます。

そのせいなのか眼鏡をかける小学生をよく見かけるようにもなりました。

昔に比べればつまり、圧倒的に体を動かすことが少なくなり体力の低下で姿勢を維持する力が弱く、姿勢不良、視力低下が起きやすい環境になっているというのも若い子たちの肩こりを増えている原因と考えられます。

次回は骨盤のズレや栄養不足、運動不足でが原因で肩こりが起こる仕組みを伝えていきます。



施術の流れ |足立区すずき整骨院

  1. 問診

    足立区すずき整骨院の問診風景

    受付にて問診票をご記入ください。問診表の内容に沿って、お話を詳しくお伺いしていきます。
  2. 検査

    足立区すずき整骨院の可動域の検査風景

    現在のお体の状態を実際に検査していきます。
  3. 治療内容の説明

    足立区すずき整骨院のその日の治療内容を事前に説明します

    お体の状態と、痛みの原因、これから行う治療内容をご説明いたします。
  4. 治療

    足立区すずき整骨院の施術

    患者様の症状に合わせたオーダーメイド治療を行います。
  5. 今後の治療計画

    骨の模型を使っての、治療計画の説明

    今後の治療方針や通い方、ご自宅での過ごし方などをアドバイスさせていただきます。
  6. お会計「お大事に!」

    足立区すずき整骨院お会計

    本日の治療は終了です。お大事に!