交通事故の患者様は平日21時まで受付

足立区すずき整骨院はご予約優先制です!

足立区谷在家周辺の皆様のおかげで、谷在家駅周辺のエリアで口コミ1位になりました!

東京都足立区、すずき整骨院「四十肩・五十肩」について②

2019年02月1日

東京都足立区のすずき整骨院の鈴木と言います。

今回は「四十肩・五十肩②」としてお話を進めて行きたいと思います。

前回の話の続きですが

肩関節は人体中で一番の可動範囲を持っている関節になります。

上腕骨骨頭という野球のボールのような部分と肩甲骨の関節窩というおちょこのような形を

下部分で構成されていて、体の関節なかで唯一横からついている関節になります。

横からついているということは関節の安定性はほとんどは4つの重要な筋肉に頼っている形になります。

棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋と言われる4つの筋肉たちが絶妙な力加減で

関節に横から引き寄せて安定させ、なおかつ体の中で最大の可動範囲つまり動きを可能にしているのです。

では、この筋肉たちが40~50代にかけてどうして傷つき四十肩・五十肩になっていくのでしょうか?

当院では、1.「体力の低下」・2.「体の歪み、骨盤のズレ」・3.「生活習慣と環境」・4.「ストレス」の4つが大きくかかわっていると考えています。

1.「体力の低下」

まずは、体力というのはどういったモノか?

体力は筋肉の持久力・瞬発力・柔軟性を含めた体全体の筋力のことです。

体力は個人差、男女差、職業などもありますが男性なら25~20歳後半までがピークになり、

女性なら16~20歳前半までがピークでその後はどんなに頑張っても体力は落ちていきます。

このことにより、肩関節周りの体力も落ちストレスに弱くなるため関節を支える力が弱くなって筋肉は疲労を溜めて固くなりやすく何かのきっかけで痛んできてしまいます。

2.「生活習慣と環境」

生活習慣と環境は、骨格の歪みを発生させやすくストレスを受けやすい体にしてしまいます。

体力の低下が起こりやすい仕事だったり、姿勢が悪い状態での仕事を何年も続けていると偏った筋肉がついてしまいます。

座ってのパソコン作業が多いと運動不足気味になりますし猫背での姿勢が出来上がってしまします。また体力が衰えていきやすくなります。

しかも、腰、肩にかかる負担は2~3倍と言われています。

頭が体の中心から少しでのずれていくと、頭は約5キロあると言われていますので、10~15キロの重さが首・肩にかかり筋肉はものすごい負担を受け続けることになります。

立っている時よりも座っている時にかかる負担は体重70キロの人の場合は140~210キロの負担が買っているとも言われています。

今日はここまでです。

次回はこの続きをお伝えします。

四十肩・五十肩で困りの方!

いつでも東京都足立区のすずき整骨院にお気軽にご相談ください。

℡03-3857-1556
URL:http://suzuoc.com/
東京都足立区谷在家3-22-5-102

 

 

 

 

 

 

 



施術の流れ |足立区すずき整骨院

  1. 問診

    足立区すずき整骨院の問診風景

    受付にて問診票をご記入ください。問診表の内容に沿って、お話を詳しくお伺いしていきます。
  2. 検査

    足立区すずき整骨院の可動域の検査風景

    現在のお体の状態を実際に検査していきます。
  3. 治療内容の説明

    足立区すずき整骨院のその日の治療内容を事前に説明します

    お体の状態と、痛みの原因、これから行う治療内容をご説明いたします。
  4. 治療

    足立区すずき整骨院の施術

    患者様の症状に合わせたオーダーメイド治療を行います。
  5. 今後の治療計画

    骨の模型を使っての、治療計画の説明

    今後の治療方針や通い方、ご自宅での過ごし方などをアドバイスさせていただきます。
  6. お会計「お大事に!」

    足立区すずき整骨院お会計

    本日の治療は終了です。お大事に!