交通事故の患者様は平日21時まで受付

足立区すずき整骨院はご予約優先制です!

足立区谷在家周辺の皆様のおかげで、谷在家駅周辺のエリアで口コミ1位になりました!

東京都足立区、すずき整骨院「起立性調節障害」④

2019年06月12日

こんにちは!東京都足立区にあるすずき整骨院の鈴木と言います。

今回は「起立性調節障害」④ということでお話を進めて行きたいと思います。

前回の続きで起立性調節障害が起こる仕組みと不快症状、立ち眩み、気分不良について詳しくお話しいたしました。

ストレスを受け続けることにより、脳・神経機能の自律神経の働きが乱れ交感神経の働きが強くなります。

すると筋や血管が固くなり筋ポンプ機能の働きが悪くなり血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなると脳の方にも血液の栄養が届きませんで脳機能が低下します。

するとさらに自律神経の交感神経系の働きが強くなり筋肉が疲労をさらにため込み

硬くなります。硬くなった筋はさらに疲労を溜め込み骨格を支えられなくなりますので

いつも体に地震が起来ている状態になり筋肉はさらにストレスを受け疲労を溜め込む悪循環が発生するのです。

そのためその他の不快症状である失神・頭痛・腹痛・動悸息切れ・朝起きられない・夜寝られない睡眠障害・貧血・食欲不振・顔色が悪い等の各症状を詳しく説明していきます。

・失神

自律神経の交感神経系の働きが強くなり筋肉と血管が硬くなることで筋ポンプ機能が低下。

また、内臓機能も十分に働くことができない為血液に栄養が入りづらくなります。

すると脳に十分に栄養がいかない為、脳の機能低下が起こり失神が起きてしまいます。

・頭痛

自律神経の交感神経系の働きが強く出てしまい、筋肉は固く緊張し血管が細く硬くなることが続きます。その結果筋ポンプ機能がの働きが低下し血液循環が悪くなるため頭の感覚神経に血液の栄養が届きづらくなり神経の機能低下が起きま頭痛となります。

・腹痛

自律神経の交感神経系の働きが強くなりると胃や腸の筋肉が固くなり消化器系の働きが低下します。免疫力も低下してしまいますので体中に細菌が入らないようにするため腹痛という信号を出します。言い方を変えると「お体を何とか健康な状態に戻してください。」という体のサインです。

・動悸息切れ

自律神経の交感神経系の働きが強くなることで骨格筋が固くなり疲労を溜め込み力強さを失います。姿勢を維持できなくなり猫背(姿勢不良)になります。すると肋骨の動きが悪くなり呼吸が浅くなってしまうため体が酸素不足になりエネルギーをしっかりと作ることができなくなってきます。また、胃腸の働きの低下しますので栄養が十分に吸収できない体になるためにおきます。

・夜寝られない睡眠障害

自律神経の交感神経系の働きが強くいつも覚醒している状態が続き、副交感神経の働きが悪くなるためにおきます。

次回は貧血・食欲不振・顔色が悪いといった症状のことを説明したいと思います。
起立性調節障害でお悩みの方!
いつでも東京足立区にあるすずき整骨院にいつでもご連絡ください。
〒123-0863
東京都足立区谷在家3-22-5-102
℡03-3857-1556
URL:http://suzuoc.com/

 

 



施術の流れ |足立区すずき整骨院

  1. 問診

    足立区すずき整骨院の問診風景

    受付にて問診票をご記入ください。問診表の内容に沿って、お話を詳しくお伺いしていきます。
  2. 検査

    足立区すずき整骨院の可動域の検査風景

    現在のお体の状態を実際に検査していきます。
  3. 治療内容の説明

    足立区すずき整骨院のその日の治療内容を事前に説明します

    お体の状態と、痛みの原因、これから行う治療内容をご説明いたします。
  4. 治療

    足立区すずき整骨院の施術

    患者様の症状に合わせたオーダーメイド治療を行います。
  5. 今後の治療計画

    骨の模型を使っての、治療計画の説明

    今後の治療方針や通い方、ご自宅での過ごし方などをアドバイスさせていただきます。
  6. お会計「お大事に!」

    足立区すずき整骨院お会計

    本日の治療は終了です。お大事に!